スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「レジデント~5人の研修医」⑨

第9話、なかなか見ごたえがあって面白かったです。
展開が早く、盛りだくさんの割に充実した内容で
いつもより1時間が長く感じました。

救急搬送された皆人くんは、右手が感染症に侵されていて
しかも既に壊死している状態でした。
宮沢先生から、生命を維持する為には右手を切断するしかない
と言われ、しずくちゃんは家族としての同意を迫られます。
一刻も早く手術に取り掛からなければ生命の危機に陥るので
医者であるお父さんに決定権を委ねる時間もありません。
一人の姉として、弟の右手切断の決定を下すという責任は
計り知れないほど辛くて重いことでしょう。
医者の立場からでは、命を救う為の切断は当然の判断です。
しかし家族の立場からすると、その後の弟の心と体、将来の
ことを含めて全部受け止めなければなりません。
しずくちゃんは弟の命を救う為、意を決して宮沢先生に
切断手術をお願いします。
手術後、病院に駆け付けたお父さんは初めてしずくちゃんに
優しい言葉を掛けてくれましたね。
この時お父さんは、しずくちゃんを医者にさせたくなかった
理由をやっと明かしてくれました。
「医者でありながら家族を救えなかった時の辛い気持ちを
しずくにさせたくなかった…女のお前には無理だ」
うーん。お父さんは男は理性的、女は情緒的だからムリだとか
可哀そうだとか考えていたのでしょうか。
男と女の適性よりも、この姉弟の性格の違いを推し量ってみた時、
強くて逞しいのはしずくちゃんの方だと思うけどなあ。
いずれにせよ、この悲しく壮絶な出来事が起きてしまって
お父さんは今後、しずくちゃんのことを医者として後継者として
認めて行かざるを得ないでしょう。
皆人くんは麻酔から覚めると、当然ながらこの衝撃的な事実に
自分を抑えることができません。
悲しみや苦しみを誰かにぶつけて、吐き出したいだけ吐き出して
全部カラになった後、初めて冷静に物事を考えることが
できるのかも知れません。
真剣に絵画の道に行きたいのなら、訓練しだいで左手でもきっと
描けるようになるよ、とも思いますが
今の皆人くんには生きる希望も見いだせないほどのショックで
ただ虚無感しかないのでしょう。
しずくちゃん、今はじっと耐えるしかありません。

真中くんが担当の、意識が回復しないまま遠くに転院するしかなかった
患者さんの奥さんが自殺を図り、搬送されてきました。
息子さんは自殺の原因は真中くん達にあるとし、真中くんに責任を
取ってくれと詰め寄ります。(この時の真中先生の肩がヤバイです)
真中病院の跡継ぎ息子なんだから、そこでオヤジを引き取れと。
真中くんは、私情で特別扱いは出来ないので断ります。
本心は、自分に何が出来るか解らないまま悩み続けています。
意識を回復したおばあちゃんが、本当は心根の良い人で良かったです。
助かった命を大切にして生きていくと言ってくれたので
真中先生も少しは救われた気持ちになれたと思います。

矢沢先生のところへ、再びあの母親が現れました。
矢沢くんは前回の件が許せなくて母親を拒絶し、振り払った弾みで
怪我を負わせてしまいました。
母親が異常に取り乱したので田淵先生が診察した結果、過労で
しばらく入院することになりました。
長年に渡るアル中生活がたたっている様子です。
母親は、矢沢くんが幼い頃からお酒を飲んでは怒鳴り散らし
暴力も振るっていたそうで、愛情のカケラもなかった。
今の姿と昔の思い出が重なって、母親のことが大っきらいで
「絶対にお前のようにはならない」と言い放つ矢沢くん。
それに対して、思わぬ言葉が母親の口から吐き出されます。
この言葉には矢沢くん、自分の全部を否定された気持ちになり
自暴自棄に陥ってしまいます。
あんなに嫌悪していた母親と同じように、お酒に溺れることでしか
自分を保つことが出来ない。
今までとは明らかに違う矢沢くんの様子がとても心配で、救いの手を
差し出したいさっちゃん。
自分の本当に欲しかった言葉を、初めて言ってくれた人だから。
矢沢くんのことが好きだから…
さっちゃんは掛かってきた電話で矢沢くんの異常を察し、駆け付けます。
矢沢くんはお酒を浴びる程飲んだ上に、睡眠薬を多量に飲んでいて
意識はなく部屋で倒れ込んでいました。
正式に医者になる前の研修医である身、自殺を公にすることはできないと
とっさに判断するさっちゃん。
今、頼れるのは苦難を共にしてきた研修医の仲間たちしかいません。

ここで!ここでですよ!待望の真中邸が遂に映し出されましたー(嬉しい)
坊ちゃんのお家は洋風でおしゃれな大邸宅。
広い敷地に車を止め、お坊ちゃまのご帰宅です。
上品なブレザー姿の真中くんが車から降りてきました!
まっすー、このシュチエーションが絵になってる!サマになる!
だがしかし、歩き方がニイチャン風…これもまたカッコイイけどね。

さっちゃんに呼び出された真中くんと陽菜子ちゃんは、
矢沢くんの部屋に駆けつけます。
事態を察し救急車を呼ぼうとする二人を、さっちゃんは制止します。
矢沢くんにとって、医者になることだけが生きる支えだから…
「救急車は呼ばないで、お願い」と頭を下げます。
ここからの、真中くんの判断と行動が素早くて男前!
「うちの病院に運ぼう!その方が早い」低い声で!かっこいい!
こんな調子の声、待っていたんですよー。

いよいよ、来週は真中病院に潜入できるってことですね。
真中くんのテリトリーにカメラが入るのですね。
もしかして、坊ちゃんのパパとかにやっと会えるの?
わー、楽しみー!
ストーリー展開はシリアスなのに、浮かれている私です。
最終回、シカと見届けますよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きらりん

Author:きらりん
まっすーの笑顔が大好き
エクボが見られたら幸せ
だいぶ大人のまっすーファンです

clover-clock

decoboko.jp

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
訪問ありがとう(*^_^*)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。