スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「レジデント~5人の研修医」最終話

年末の忙しさで、お久しぶりになってしまいました。
テンプレを期間限定でメリクリバージョンに。
それでは、「レジデント」最終回の感想です。

前話の流れから、意識のない矢沢くんを真中くんは
さっちゃん陽菜子ちゃんと一緒に真中病院に担ぎ込みます。
でたーーー!真中形成病院!立派な建物でホテルみたい(笑)
初めて登場した真中くん側の関係者、ベテラン看護師長さんと
おぼしき方、一瞬の出番ですが多くを悟ることができました。
幼い時から、愛くるしい潤一坊ちゃんの成長を陰ながら見守って
きたのでしょう。おそらく坊ちゃんの医者としての真剣な姿、
治療行為は初めて見たのではないですか。
(まあ、あの坊ちゃんがこんな立派なお医者様に成長されて…
 よーし、わたしも潤一坊ちゃんの為ならひと肌脱ぎますよ!
 後で院長先生に叱られても構いませんから!)
そんな心の声が聞こえてきそうでした。
そして、矢沢くんを必死で救おうとする真中くんの横顔アップ!
こんなにかっこいい人、この世にいない…(撃沈)
仲間たちの治療が功を奏して、無事に意識を回復した矢沢くん。
命を救われて迷惑そうな、まだ強がりな言葉を吐きます。
心の奥底では救いを求め、さっちゃんに「助けて…」と電話したのに。
気を利かせて真中くんを促し退出する陽菜子ちゃんがいいね!
車の中でのこの二人の会話も聞いてみたかったです。
陽菜子ちゃんが他者を思いやれる、とても素敵な女性になったので
私は真中くんといい感じだと思うけどな…
治療室で二人きりになった矢沢くんとさっちゃん。
人を信じることが出来ず、辛くて悲しい矢沢くんの心情を
さっちゃんは優しく決意を込めて受け止めます。
「私は絶対に裏切らないから!」
さっちゃんの胸にうな垂れて泣く矢沢くん。
このシーン、素敵だなあ…強く心に残るシーンです。
全話通して、この二人の心の変遷は丁寧に描かれているので
観ている方が感情移入しやすいです。演技上手いしね。
二人が主演のお話にしても見ごたえがありそう。

一方、しずくちゃんと皆人くんの関係は…
皆人くんは実家の病院に移るまで、しずくちゃんに心を開くことは
ありませんでした。
(こんな体にしたのは、あいつのせい)と思っているのでしょうか。
誰かのせいに持って行かないと、自分自身が保てないのでしょう。
身内からしたら、生きててくれるだけで本当に有り難いと思うけど
本人が生きる価値を見いだせない内は、未だ絶望しかない様です。

真中くんが出勤する前に、矢沢くんの病室を訪れます。
ここの二人のシーンも良かったですねー!
矢沢くんを優しく、やさしーく、諭す真中くん。
「矢沢くんだって助けるよ、医者なんだから」
「矢沢くんはいいお医者さんだと思うよ」
真中くんのセリフには、まっすーの優しさがにじみ出ています。
今まで散々キツく当たられてきた矢沢くんに対して、感謝のお礼を
言う真中くん。この心根の良さに矢沢くんの心も解けていきますよねー。

そして、救急救命舞台の最終回のエピソードにはお約束の大事故発生!
現場に急行し、大勢の怪我人を治療する青林病院救急医療チーム。
宮島先生をヘッドに美山先生、新城先生、小日向先生、そして真中先生。
専修医や看護師さんたちと一丸となって最前線の治療に当たります。
偶然現場に居合わせた香澄先生、真中病院で事故のニュースを知り
使命に目覚めたのか、駆け付けた矢沢先生の姿も…
重篤な症状の親子の搬送。宮島先生は助かる可能性が高い母親の方だけ
ここで治療することを判断します。かつて、両方助けようとして失敗して
しまったトラウマが心によぎったのでしょう。
しかし、しずくちゃんはその判断に納得できず「両方助けます!」
患者の母親の執念が、しずくちゃんを動かしました。
私もこの母親の気持ちがよく解ります。自分より子供の命を助けたい。
しずくちゃんは宮島先生の過去のトラウマにメスを入れます。
「先生が本当に後悔しているのは、判断を間違ったことじゃない。
 子供の命を救えなかったことです!」
「あの時とは違う。今は私たちがいます!」
心を動かされた宮島先生は、もう一人も的確に指示を出せば研修医たちに
任せられると思い直し、親子の同時手術に挑むことになりました。
子供の方の肋骨開腹手術を真中先生に。その補佐を矢沢先生。
うーん、良い関係になりましたね。真中先生も立派に手術をやり遂げます。
二人の患者に三つの手術同時進行!手に汗を握るシーンでした。
やはり医療ドラマでは、緊迫感のある手術シーンが締まります。
無事に手術は成功し、親子両方の命を救うことができました。
これによって研修医たちの医術の技量ばかりか宮島先生の心が大きく
前進することができましたね。
それぞれに医者としての意義を見出し、自信を持って治療に当たっていく
5人の研修医たち。てきぱきと患者さんに接する姿に感動しました。

峰を一つ越えて、日常の勤務に就く研修医たち。
きたきた、またもや矢沢くんの母親が…
一瞬身構えましたが、もう今までの矢沢くんとは違います。
自殺未遂の後、仲間に助けられ、さっちゃんや真中くんの言葉にも
救われて、真中病院に入院している間ずっと色んな事を考えて答えを
導き出していたと思います。
もう過去の呪縛に囚われることは止め、自分の過去を変える為の医者ではなく
人を救う為の医者として歩き始めています。
息子として、一人の人間として一回り大きくなったので、今までの母親の態度は
もう通用しなくなりました。私も自分の心次第で相手も変わることは信じますが
「生んで後悔したことはないわよ」こんどは懐柔策かと穿ってしまいます(笑)
息子の成長した心に影響されて、母親の生き方もよい方向へ変わっていくことを
期待したいです。母役の高岡早紀さんに敢闘賞を捧げたい!

さっちゃんと矢沢くんはいい感じになって、ほっとしています。
新城さん、意外と甘え上手で可愛いな!

しずくちゃんは実家に帰り、やっとやっと頑な皆人くんの心を解きほぐすことが
出来て良かったです。皆人くんだって、いつまでも腐っている自分自身にもう
飽き飽きしてくるよね。前を向いて歩き始めることができたら、やるべきことや
やりたいことが見えてくる!命あってのモノダネです。ここは前進あるのみ!
しずくちゃんは、お父さんの口から初めて「頑張れよ!」と言って貰えました。
今まで、どんなにこの言葉を待っていたことでしょう。
本心では大好きなお父さんに認められて、いい笑顔がやっと見られました。




最終回の感想、非常に長くなってしまいました(汗)
まだまだ書いておきたいことがありますので、
2回に分けてアップすることにします。

主婦なので、今からイブの特別料理に取り掛かります!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きらりん

Author:きらりん
まっすーの笑顔が大好き
エクボが見られたら幸せ
だいぶ大人のまっすーファンです

clover-clock

decoboko.jp

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
訪問ありがとう(*^_^*)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。