スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミント色のギモーヴ~☆

QLAP!5月号の増田貴久くんが素晴らしい!

特集グラビアの見開きいっぱいに、横たわるまっすー。
ペールトーンの優しい色合いの衣装が、色白の肌とピンクブラウンの
髪色に、とても良くマッチしていて、私の大好きな天使の増田さんがいる。
こんな風に白っぽい写真は得てして、白く飛ばしてピントが合ってない感じが
多いのですが、この増田さんのお顔は鮮明に、キリリと映っています。
髪の毛一本一本にも表情があり、意志の強い澄んだ瞳がとっても綺麗!

このグラビアに見惚れていたら、娘が学校から帰って来ました。
私 「見て見て!このまっすー素敵でしょ」
娘 「ほんとだ!すごい清潔感。このまっすー、洗い立てって感じがする。
    『マッシュマッロ、ポォーーーン!!』って感じ」(某洗剤CM)
私 「それは、いいキャッチコピーだわ!
   まっすー、マシュマロみたいだもんね。洗い立てのマッシューマロ!(笑)」

それ以上に、キメが細かくて上品で、口どけの良いフランスのマシュマロ、
まるでギモーヴのような、まっすーだと思ってしまいました。

きめ細やかな、お肌のスルスル感。 柔らかな表情。
あら、イチゴをくちびるに添えているではないですか。
確か、まっすーはイチゴと一緒に撮って欲しかったんだよね(笑)
良かったね! イチゴがとても良く似合ってますよ。
なんか、この雑誌、まっすーのグラビアページだけ独特の空気感だね。
作り手と増田くんの出し方が、一致して素晴らしい作品を編み出してくれました。

ミント色のギモーヴまっすーを、ありがとう!




追記に、テキストのインタビュー記事について
ふわふわとしたグラビアのまっすーをひとしきり堪能して、記事を読んでみると
今度の舞台について、まっすーからの課題が課せられてしまいました(笑)

「増田貴久がどうだ、っていうんではなく、千葉という役を見にきてもらえたら
いいなって思うんですよ。」
「今回、見にきてくれた人に(本番中に)『まっすーがどうこうー』って思われないことが
目標のひとつにあるかな。」

まっすーは、やはりファンのレポを見ているのかしら(笑)
これについては、私の前回の舞台感想が、恥ずかしくなってしまいます。
舞台を観に行って、「まっすーが、まっすーが」しか言ってなかったです。
舞台は、まっすー以外ジャニ関係はなく、いわゆる外部のお仕事ですからね。
ひとつの作品を真摯に作り上げている脚本家、演出者、共演者の方々には、
あるいは、増田くんに対しても内容のない、失礼な見方だとは思いますが…

でもね、まっすー。ある意味仕方のないことなんですよ、と言ってもいいですか。
本音を言うと、まっすーに会いたいから観に行くんです。
まっすーが観たいから、舞台を観に行くの…

だって、一つには、増田くんを直接に観れる機会なんて、そうそうにない。
地方に住んでいたら、なおさらチャンスもなくって。
TVでしょっちゅう見れる人なら、まだ心も冷静でいられるですが、年に十数回程。
コンサートで会えても、それは、とてつもなく遠い距離にいることがほとんどですし。
舞台施設の狭い空間で、大好きな増田くんをやっとこさ観ることができたなら
舞い上がって興奮してしまうのも無理はないことです。

もう一つは、まっすーはアイドルさんだからです。
一般俳優さんなら、また思いは違うはず。
多分、作品を観に行こう、演技が観たいからってなると思うけど、私は
増田くんが培ってきた、まっすーという生き物を丸ごと愛しちゃっているので
会えるのが嬉しい余り、まっすーだけガン見になってしまいがちです。
複数回入れるとまた、作品に対する思いが深くなってくるのかなあ…

今度の舞台は、増田くん自ら望んだ新境地を開く覚悟の作品。
脚本家、演出者の方は何やらエキセントリックで個性の強い劇作家人とお見受けし、
増田くんも要求されるものがハードで、相当鍛え上げられるのではないかと。
それだけに、この舞台にかける思いは強いことでしょう。
ですから、見にきてくれる人にも、ちゃんと作品を見て世界観を楽しんで欲しいという
まっすーの気持ちは、痛いほど感じてはいますよ。

まあ、増田くんがこの記事で言いたいのは、
「まっすーのキャラを忘れさせるくらいに、千葉になりきってみせるぜ!」という
意気込みの強さかもしれませんし、
「千葉の役は、みんなが好きな『まっすー』のキャラからすると、びっくりしたり
がっかりしたりするかもしれないけど、それは僕じゃなくて、千葉の演技なんだからね」
と、予防線を張っているのかも知れませんけど(笑)
大好きな増田貴久くんのお仕事に対する気持ちは、どんな時も理解していきたいです。

「ストレンジフルーツ」という舞台のストーリー、主役の千葉という人間、周りの人々。
舞台演劇の醍醐味を心ゆくまで楽しめる自分自身を想定し、リラックスして観にいくね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:秘コメ Pさんへ

Pさん、コメントをありがとうございます!

そうですよね! まっすーはそのプロ意識ゆえ、ファンの反応は気にしていると
思いますし、敏感に感じ取っていそうです(笑)

Pさん、もったいないお言葉を、恐縮です。
私もほとんどデレデレだったり、叫んでいるようなオタクですが、
「まっすーの意気込みや作品にかける想い」はしっかりと受け取る
ファンでいたいと思っています。

本当に、まっすーは「カワイイ」のと、歌やダンスが魅力ですが
それだけじゃないところがツボですよね!
この人の内面には、大人の女性をも虜にする深いものが潜んでいます。
そのコメントや仕事に対する姿勢に、感心したり考えさせられたり…
自分自身を見つめ直す鑑にもなってくれています。

そんな増田貴久くんの根底にあるもの、感受性や創造性を生み出した背景や
ご家庭の育て方にも興味が湧いてしまいます(笑)

「カワイイ」や「カッコイイ」も嬉しい反応だと思いますが
私たち、大人ならではの感性で、これからも増田くんのお仕事ぶりや
内面の素晴らしさを語り、応援していきたいですね!

プロフィール

きらりん

Author:きらりん
まっすーの笑顔が大好き
エクボが見られたら幸せ
だいぶ大人のまっすーファンです

clover-clock

decoboko.jp

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
訪問ありがとう(*^_^*)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。